まったりツクール雑貨

[ツクール 時々 スクリプト 後 自作ゲー 大体 赤ペヤ]
主に、RPGツクールVX/Ace 関連の何かをやっていきます。

情報取得中...






イベントやプレイヤーの歩行グラフィックの色相を変化させることが出来るようになります。
敵キャラのグラフィックで色を変えられるアレです。そのアレをコレにも設定できるようにしてみました。

イベント名でそのイベントの歩行グラフィックの色相の初期値を指定、
イベントコマンドの「移動ルートの設定...」→「スクリプト」でいつでも色相の変更が可能です。

[注意] : このスクリプトを使用するには、事前に YakiNoriBaseScripts の導入が必要です。

[素材] : ChracterGraphicHue.txt
[備考] : RGSS2、RGSS3両方対応しています。

先日、イベント作ろうとしていたら、デフォにない欲しい機能があったので、サッとつくったものです。

イベントひとつひとつにアクターのグラフィックを指定しても良いのですが、
制作途中にキャラグラフィック差し替えなんてことが起きると、
制作序盤ならまだしも、中盤からはとんでもない修正作業量になり、効率が悪くなります。

このスクリプトは、アクターの番号をイベント名で指定してあげることで、
データベースで設定したアクターの歩行グラフィックを表示できます。
おまけで、パーティのn番目のアクターの歩行グラフィックの表示機能もあります。

[注意] : このスクリプトを使用するには、事前に YakiNoriBaseScripts の導入が必要です。

[素材] : EventGraphicActor.txt
[備考] : RGSS2、RGSS3両方対応しています。
[スクリーンショット] : 
EventGraphicActor
[おまけ素材] : このスクリプトで必要です。使用時はこのファイルを「$ExGraphicActor」にリネームして使用してください。
※この画像は、ちびキャラツクールの改変素材です。ツクール以外での使用は禁じられています。
$ExGraphicActor

デフォルト機能の選択肢だと右端に4つまでしか表示されないので、
5つ以上の選択肢を扱いたい場合に重宝するかもしれないです。

自分で使いたい最低限の機能しか入れてないから、+αでこんな処理が欲しいとかあれば
もしかしたら追加するかもしれんです。

[機能]
・選択項目数の制限が無くなり、5つ以上の選択肢を表示することが可能です。
ただし上限が無いので、あまりに選択数が多いと画面からはみ出るので注意。
・メッセージウィンドウは事前に自動で閉じます。
・選択肢の表示位置が画面中央になります。引数でデフォルトの位置にすることも可能。

[注意] : このスクリプトを使用するには、事前に YakiNoriBaseScripts の導入が必要です。

[素材] : ExChoice.txt
[備考] : RGSS3にのみ対応しています。

かなり前にTwitterであげていたものの、バグやらミスやらが多くて使い物にならなかったので、大幅に修正をかけてなんとか公開できるレベルまで持ってきました^^;

現在のマップ、もしくは指定したマップの親、子、兄弟にあたるマップのIDを取得できるスクリプトです。
素材としては、なかなか使いどころの難しいものを作ってしまいました。

現在自作しているゲームでは、これにかなり頼っていたり。親マップへ移動するときとか。

[注意] : このスクリプトを使用するには、事前に YakiNoriBaseScripts の導入が必要です。

[素材] : GetFamilyMapID.txt
[備考] : RGSS2、RGSS3に対応しています。