デバッグ作業をするときに変数とスイッチだけしか操作できないのはちょっと不便だと感じたので作ってみました。

なんかいろいろできるようになります。
  • 戦闘中でもデバッグメニューを開けます。戦闘中に開いた場合、そのターンに選択した戦闘行動はキャンセルされ、パーティの先頭から選択し直しになります。
  • デフォルトと同じ変数、スイッチはもちろん使用可能。
  • 指定したマップへ移動できるようになります。移動後の座標は、移動先のイベントID:1の位置か、(0,0)の位置です。
  • 現在のマップの全イベントのセルフスイッチを設定できるようになります。
  • 全アクターのステータスを調整することができます。調整可能なのは以下。
  • [レベル、取得経験値、職業、HP、MP、TP、ステート、習得スキル]
  • パーティへの参加,離脱も可能です。
  • 戦闘中のエネミーのステータスを調整することができます。調整可能なのは以下。
  •   [HP、MP、TP、ステート]
  • アイテム、武器、防具、お金の所持数も設定できます。

[注意] : このスクリプトを使用するには、事前に YakiNoriBaseScripts の導入が必要です。
また、以下の素材をふたつとも導入しないと動作しません。
ひとつは本体、もう一つはカスタマイズ用です。

[素材] :
ExDebugScene.txt
ExDebugSceneCustomize.txt
[備考] : RGSS3のみ対応しています。
[スクリーンショット] :
ExDebugScene