前回の素材を利用して使用効果を拡張しました。

とは言ったものの、内容はほぼスキル/アイテムの機能拡張
使用効果に関する一部の機能を移植&ツクり直したものなんですよね。


このスクリプトで、できるようになることを簡単にまとめると

敵に攻撃しながら自分を回復できたりできる!とか
敵全体の防御力を下げながら味方の攻撃力を上げたりできる!とか、
スキル/アイテムの効果範囲とはまた別で、使用効果の範囲を柔軟に設定可能になります。

他にも、成長値に負の数を指定できるようになったり、
一定確率で攻撃力が上昇したり、
一定確率でスキルを忘却したり、
ステートや能力変化の残りターン数を操作できるようになったりなど、
デフォルトの使用効果の機能拡張や新規の使用効果が設定可能になります。

詳しい設定方法とか効果などは、この記事の下の方にある使用例に書いてありますので、
ご利用のお考えの際は、そちらを参照してみるといいかもしれないですね。

また、いろいろあって「スキル/アイテムの機能拡張」は「(旧)スキル/アイテムの機能拡張」(以下、旧バージョン)となってしまいました。

今回のこのスクリプトは、
旧バージョンの機能の中でデフォルトの使用効果に関するもののみを移植しましたが、
今後は、また別の機能の移植、また別の機能の移植...と繰り返して
いずれは、旧バージョンの全機能をツクり直して公開していく所存です。
旧バージョンのはちょっとソースコードが気に入らなかったんですよね(´・ω・`)
バグも結構ありましたし。(直しましたけど)


使用効果関連で、旧バージョンには無く、今回新たに実装された項目にマーカーを入れました。
その結果マーカーだらけになってしまいましたが、まあいいかw

[機能]
  • スキルとアイテムのメモ帳を利用して、使用効果を追加することができます。
  • 使用者に使用効果の設定
  • (生存している)味方全体に使用効果の設定
  • (生存している)味方全体(使用者以外)に使用効果の設定
  • (戦闘不能の)味方全体に使用効果の設定
  • (生存している)敵全体に使用効果の設定
  • (生存している)敵味方全体に使用効果の設定
  • (生存している)敵味方全体(使用者以外)に使用効果の設定
  • 戦闘中、使用効果の適用結果をバトルログに表示
  • 「能力強化/弱体」 の 付加/解除 にも発動確率を指定可能
  • 「スキル習得」にも発動確率を指定可能
  • 「成長」にも発動確率を指定可能
  • 「成長」の増加値に負の数も指定可能
  • 「TP増加」に割合でも増える機能を追加
  • 「TP増加」に負の数も指定可能
  • 「TP回復」の追加
  • 「スキルの忘却」の追加
  • 「ステートのターン数変更」の追加
  • 「能力変化のターン数変更」の追加

[注意] : このスクリプトを使用するには、事前に
YakiNoriBaseScripts と 使用効果リストの拡張補助 の導入が必要です。

[素材] : PliableEffects.txt

[使用例]
# 一部のデフォルトの使用効果の記述方法が以下に変更

# TPを 50% 減らします
<対象効果: TP増加: -50%: 0p>
# 30% で 攻撃力 を 5ターン 強化
<対象効果: 付加: Buff[2]: 5ターン: 30%>
# 100% で 敏捷性 を 5ターン 弱化
<対象効果: 付加: Debuff[6]: 5ターン: 100%>
# 50% で 最大HP の強化を解除
<対象効果: 解除: Buff[0]: 50%>
# 100% で 最大MP の弱化を解除
<対象効果: 解除: Debuff[1]: 100%>
# 50% で 最大HP を 100p 退化させる
<対象効果: 成長: Param[0]: -100p: 50%>
# 25% で スキルID:51 のスキルを習得
<対象効果: スキル習得: Skill[51]: 25%>    

# 新規の使用効果の記述例

# TPを 10p 回復します
<対象効果: TP回復: 0%: 10p>

# 100% で スキルID:51 のスキルを忘却
<対象効果: スキル忘却: Skill[51]: 100%>

# ステート6 のターン数を 2加算 する
<対象効果: ターン数変更: State[6]: +2>
# ステート6 のターン数を 1減算 する
<対象効果: ターン数変更: State[6]: -1>
# ステート6 のターン数を 5 にする
<対象効果: ターン数変更: State[6]: =5>

<対象効果: ターン数変更: Buff[1]: +3>
<対象効果: ターン数変更: Buff[1]: -2>
<対象効果: ターン数変更: Buff[1]: =3>

<対象効果: ターン数変更: Debuff[2]: +1>
<対象効果: ターン数変更: Debuff[2]: -4>
<対象効果: ターン数変更: Debuff[2]: =1>


# 使用者に使用効果を与える設定
上記の "対象効果" を "使用者効果" と書き換えることで適用可能。

# 味方全体(使用者含む)に使用効果を与える設定
上記の "対象効果" を "味方全体効果" と書き換えることで適用可能。

# 味方全体(使用者以外)に使用効果を与える設定
上記の "対象効果" を "味方効果" と書き換えることで適用可能。

# 戦闘不能の味方全体に使用効果を与える設定
上記の "対象効果" を "味方(戦闘不能)効果" と書き換えることで適用可能。

# 敵全体に使用効果を与える設定
上記の "対象効果" を "敵全体効果" と書き換えることで適用可能。

# 敵味方全体(使用者含む)に使用効果を与える設定
上記の "対象効果" を "全体効果" と書き換えることで適用可能。

# 敵味方全体(使用者以外)に使用効果を与える設定
上記の "対象効果" を "使用者以外効果" と書き換えることで適用可能。

[備考]
・RGSS3のみ対応しています。

[スクリーンショット]
PliableEffects